提案のある建設機械レンタル「レンサルティング®」のアクティオ

解体分野

建設機械レンタルのアクティオは様々な顔を持っています。

解体するから建設できる

建物や都市インフラは、永遠に存在できるわけではありません。都市再開発や、老朽化にともなうリニューアルなどで、いつかはその姿を消し、また新たな建設が始まります。私たちが生活を営む都市が新陳代謝するためには「解体」が必要なのです。
これまでアクティオは、解体・リニューアル用機械レンタル分野で、様々な知見と経験値を積み上げてきました。はつり、解体工事から、解体後の下地処理に使用される機械まで幅広く取り扱っています。

都市の新陳代謝は「解体」から始まる。
都市の新陳代謝は「解体」から始まる。

オリジナリティと先進性のある商品構成

アクティオでは、お客様のニーズにより広くお応えできるよう、新商品を積極的に導入しています。国内ではまだメジャーとは言えない海外メーカー製品も積極的に取り扱い、最先端の機種をいち早くお客様に提案。解体・リニューアル工事のイノベーションを積極的に推進しています。
また、お客様のニーズにより深くお応えすべく、オリジナル機械の開発にも力を入れています。まだこの世の中にない機械を、アクティオグループ内のノウハウを結集して開発し、レンサルティングを実践しています。
例えば、電動無線式のバックホー。トンネル現場でのはつり作業などに活躍します。現場の外の作業所から安全に、リモートコントロールで工事が行えます。また、トンネル現場の空気をクリーンに保つこともできます。
また、解体工事に欠かせないのが「散水」です。従来は、人が重機等に近づき散水を行うため、危険が伴っていました。アクティオでは、グループ会社である桜川ポンプ製作所と共同で、無線コントロ-ル可能な遠隔散水機を開発。作業者が重機等に近づくことなく、安全でかつ正確な散水が可能になりました。

左:無線でコントロールできる解体ロボット。安全かつクリーンな作業が可能です。<br>右:遠隔散水機。解体工事に欠かせない散水を離れた場所からコントロールできます。質量18kg。
左:無線でコントロールできる解体ロボット。安全かつクリーンな作業が可能です。
右:遠隔散水機。解体工事に欠かせない散水を離れた場所からコントロールできます。質量18kg。

内装工事のイノベーション

内装工事にともなう解体作業は手作業が多く、長い間効率的な作業方法が求められてきました。アクティオは、効率的な作業を行えるよう様々な商品を提案致します。
例えば、大規模施設の床材を剥がす作業。従来、多くの人手をかけ、手作業で行う作業には「搭乗式床材剥がし機」を提案し、少人数・短期間の工事を実現しています。
また、内装工事にともなう壁紙や塗装の剥離作業も、効率化が難しい作業でした。アクティオは、500kg圧の超高圧洗浄機を使った剥離作業をご提案しています。これを使用すれば、ほとんどの内装材を簡単に、かつ短時間で剥離可能になります。

左:バッテリー式搭乗式床材剥がし機。内装工事を効率化するイノベーターです。<br>右:超高圧EG洗浄機。内装材を効率良く剥離できます。ガソリン仕様。
左:バッテリー式搭乗式床材剥がし機。内装工事を効率化するイノベーターです。
右:超高圧EG洗浄機。内装材を効率良く剥離できます。ガソリン仕様。

内装解体では、電源のない現場がほとんどです。当然、エレベーターは使えず、上下階への資材・機械の搬出入に苦労します。このような現場には、バッテリー式の貨物運搬機をご提案しています。40度までの階段の昇降が可能で、平地で1t、傾斜地でも500kgの資材を運搬できます。

バッテリー式の貨物運搬機
※事前に取扱と操作指導の受講が必要です。

全国をカバーする営業網

アクティオは、解体・リニューアル用機械レンタルに関して、全国をカバーする営業網を構築。解体機械センターを、東北から九州まで設け、全国規模で機械を調達しご提供しています。今後も新センターの展開をさらに加速させ、充実したサービス網の確立に努めてまいります。

**地方の中核となる**解体機械センター。
**地方の中核となる**解体機械センター。

カタログダウンロード

事例紹介ビデオ

電動遠隔解体ロボット

どこでも散水機+解体用散水機