提案のある建設機械レンタル「レンサルティング」のアクティオ

トップ 商品案内 保険その他・法規・資格 アクティオレンタル保険制度

保険その他・法規・資格

法規

振動規制法

騒音規制法と同様に、特定建設作業に指定された作業により発生する振動に対して『基準値』を設けております。振動規制法施行規則によれば、作業場敷地の境界線において75dBを超える大きさでないことと規定されております。また、区域により作業時間帯が定められ、作業は連続6日を超えないことと規定されております。

●特定建設作業は、
  1. くい打ち・くい抜き機を使用する作業。
  2. 鋼球を使用して建築物その他の工作物を破壊する作業。
  3. 舗装版破砕機を使用する作業。
  4. ブレーカーを使用する作業。
音・振動の大きさと感じ方(東京都公害局資料及び環境庁資料より)
数値 騒音(デシベル) 振動(デシベル)
120 飛行機のエンジンの近く
110 自動車の警笛(2m前方) 機能障害
100 電車が通るガード下
95
90 騒々しい工場内 きわめてうるさい 歩いている人にも感じられる
震度4(中震)
85 ←-- 基準値 --→ 座りの悪い花瓶が倒れる
80 都市部の電車内 吊り物が相当ゆれる 震度3(弱震)
75 ←--基準値 --→
70 交通の激しい道路 うるさい 大勢の人に感じる 震度2(軽震)
65
60 普通の会話 静止している人にも感じる 震度1(微震)
55 普通