提案のある建設機械レンタル「レンサルティング」のアクティオ
トップ 会社情報 広報活動 レンサルティングフェアin長岡 のイベントレポート

レンサルティングフェアin長岡 のイベントレポート

最先端の工法や技術、商品を体感

レンサルティングフェアin長岡を開催

レンサルティングフェアin長岡

株式会社アクティオは2019年7月4日(木)、長岡市営スキー場・駐車場(新潟県)において、レンサルティングフェアin長岡を開催しました。最新のICT・IoT対応商品をはじめとして、レンタルとコンサルティングを融合したアクティオならではのレンサルティングに特化した商品・サービスを展示。新潟県ならびに近県から訪れたお客様の注目を集めました。

注目の商品①
“危険”を“安全”にVRで体感
Safety Training System VR of AKTIO「バックホー編」

Safety Training System VR of AKTIO「バックホー編」

高画質「5K」のリアルな映像で建設現場の不安全行動を再現するSafety Training System VR of AKTIOのバックホー編。建設現場で発生する事故の多くがバックホーに関係していることから開発しました。これまでのVRは視野角110°程度が主流のため、没入感不足やVR酔いが指摘されていましたが、アクティオのシステムは5Kかつ視野角210°を採用。スーパーリアル映像により、バックホーの不安全行動が安全に疑似体験可能です。

注目の商品②
作業員の安全を考慮
新スリーエスバックホー(参考出品)

新スリーエスバックホー(参考出品)

従来のスリーエスバックホーは赤外線を使用していましたが、新スリーエスバックホー(参考出品)は磁界式となります。あらかじめ設定したバックホーの外側エリアに作業員が入ると、作業員にはタグの音と振動で、オペレーターには警報音とランプ(積層灯)で注意を促します。さらに作業員が内側エリアに入るとバックホーが停止。この間、警報音は鳴りっぱなしとなり、作業員が内側エリアの外に出ても5秒間、停止を継続します。

注目の商品③
屋内現場の熱中症対策商品
簡易組立テント「冷える~む」

簡易組立テント「冷える~む」

真夏の屋内現場は、熱中症対策が必須です。この簡易組立テント「冷える~む」は、テント・フレーム・移動式クーラー1馬力のセット。2m×2m×2mタイプは約4名、2m×3m×2mタイプは約6名で使用可能で、移動式クーラーの使用台数は現場の状況に合わせて1台もしくは2台から選べます。テント内の空気を循環させて冷却、さらにテント下部のチェーン(おもり)や出入り口にチャックを使用することで密閉性を高めているため、状況次第では外気温-10℃の冷却効果が見込めます。移動式クーラーにはドレンタンクが付いているため、現場の床を濡らす心配もありません。組み立ては最少3名・5分程度でOKです。
商品の詳細はこちら

注目の商品④
人の後を追従して荷物を運搬するロボット
サウザー(参考出品)

サウザー(参考出品)

まるで可愛らしいワンちゃんのように、人の後をけなげについていく運搬ロボットがサウザー(参考出品)。物流倉庫でのピッキング、工場での運搬といった使用シーンを想定している。運用方法は、レーザーセンサーで追従対象を区別して走行する「自動追従」と、簡単に敷設できる反射テープのラインを検出して走行する「無人ライン走行」の2パターン。いずれの場合も初期&運用コストが低く、狭い通路、凸凹や坂道、屋外使用もOK。広視野レーザーセンサーで衝突回避を行うため、安全性も抜かりありません。積載重量は最大120kgになります(サウザージャイアントは最大300kg)。

注目の商品⑤
国内電動バイクメーカーが開発
電動アシスト自転車(折りたたみ式)

電動アシスト自転車(折りたたみ式)

乗用車のトランクにも積載可能な折りたたみ式の電動アシスト自転車。モードによりアシスト量や走行距離が異なるが、30km前後は移動できる。折りたたみ式ながら、前後輪ディスクブレーキ、リヤショックアブソーバー、LEDライトなどを装備。現場でのちょっとした移動に威力を発揮します。

詳細はこちら(アクティオ公式サイト「レンサルティングマガジン」)

レンタルのご利用は最寄りの店舗、またはお問い合わせフォームにご連絡くださいませ。

店舗検索 お問い合わせフォーム