TOP / 防災ゾーン / 熱を見るドローン

ZONE2


DISASTER PREVENTION ZONE

熱を見るドローン
赤外線カメラ搭載ドローン

カメラ/赤外線カメラ 同時搭載

最新の産業用ドローンに、ビデオカメラと、赤外線カメラを搭載しています。赤外線カメラで温度の違いを調べることで、電気設備の異常発熱や建物外壁の亀裂などを発見できます。また災害時の人命救助にも活躍が期待されます。

光学ズーム
30

赤外線感度
50mk

RTK-GNSSによる飛行

飛行制御には、より安定したRTK-GNSSを使用。カーナビ等に利用されるGNSS単独測位より高精度で、位置決め誤差数センチという高精度のコントロールが可能です。また、自動保温機能を搭載し、飛行可能温度は-20℃~40℃とタフ仕様となっています。

動画で紹介している商品に関して、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ