レンタル商品

  1. 道路・整地・保安・鉄道
  2. 道路機械

情報化施工関連機器


chk_netis.gif 登録番号 QS-070022-V【締固め管理システム】
登録番号 HK-100045-V【グレードコントロールシステム(ブルドーザ・グレーダー・バックホー)】
登録番号 CB-100052-A【TS出来形管理システム】

情報化施工とは

  • 調査、設計、施工、維持管理という建設生産プロセスのうち「施工」に注目
  • 各プロセスから得られる電子情報を活用し、高効率・高精度な施工を実現
  • 施工で得られる電子情報は、他のプロセスでも活用(CALS/ECの一環)

土木現場において情報化施工のトータルな導入により、設計データ等の変更、現況の変化に迅速に対応できます。
施工効率の向上・工期の短縮・品質出来栄え・経済性の向上・安全性・環境性の向上などが期待できます。

p07_059_001.jpg p07_059_004.jpg p07_059_003.jpg
  • 出来形は平均して高精度な仕上がりです(転圧後測定)。
  • 出来高は規模にもよりますが、日々の施工量増加が期待できます。
  • コスト面は丁張り設置にかかる費用の削減が見込まれます。
  • 構造物との高さ合わせでも出来がよいですが、トータルステーションでの測量とデータの入力の
    連携により、取り扱いは容易になります。
構成図例

■マシン側

■トータルステーション側

画面構成例

p19_018_011.GIF
側面姿勢

p19_018_012.GIF
文字画面
p19_018_013.GIF
コントローラ画面
◎GNSS対応機種もございます。
◎VRS方式も対応いたします。
◎2Dのバックホー、ブルドーザーもございます。

本カタログに記載されたものは、代表的な機種であり、実際に納品されるものとは異なる場合がございます。
詳しい仕様につきましては、最寄の営業所までご確認下さい。

このページの上へ戻る