AKTIO NEWS

2月19日(火)に弊社郡山営業所で行われた放射性セシウム公開実験の分析結果(水質)をお知らせ致します。

①セシウム含有濁水(通常洗浄排水)の処理フロー

②セシウム含有濁水(酸性廃液)の処理フロー

分析結果

実験日 平成25年2月19日(火)
処理方法原水(現地測定) 処理水(現地測定)処理水(精密測定)
セシウム含有濁水
(通常洗浄排水) pH7
Cs-134 799Bq/L Cs-134 <15Bq/L
Cs-134 <0.566Bq/L
Cs-137 1346Bq/L Cs-137 <15Bq/L Cs-137 <0.584Bq/L
セシウム含有濁水
(有機酸を用いた酸性液)pH3
Cs-134 585Bq/L Cs-134 <15Bq/L Cs-134 <0.528Bq/L
Cs-137 1107Bq/L Cs-137 <15Bq/L Cs-137 <0.558Bq/L

※ムービングラボ(現地測定)での定量下限値は1核種で15Bq/L
ゲルマニウム半導体検出器(精密測定)での定量下限値は1核種で1Bq/L

添付1:放射性物質濃度測定結果報告書 処理水現地①

添付2:放射性物質濃度測定結果報告書 処理水現地②

                                                                                               報告者 株式会社アクティオ
                                                                                                 エンジニアリング事業部 環境部
東 盛之(環境計量士 第8092号)
このページの上へ戻る